墓地等に関する受託業務のご案内|公益社団法人 全日本墓園協会

home 事業概要 会員及び墓園 協会ご入会 役員構成 受託業務 講習会 管理士通信教育
Home > 墓地等に関する受託業務のご案内
墓地等に関する受託業務のご案内

墓地に関する各種の調査研究をご検討なされます際には、長年にわたる十分な経験の蓄積のある当協会をご活用下さい。

■受託業務の主な内容
*
墓地、納骨堂の現況調査 墓地の経営許可基準の調査研究と策定
墓地の各種条例及び使用規程の調査研究 各種アンケート調査
墓所の需要予測 墓地の設計監理
墓所の募集業務指導 墓地の管理運営事務指導
納骨堂、葬祭場の設置と運営に関する指導 その他、墓地に関する調査研究

■最近の主な受託業務・指導相談等、業務実績一覧
*
[1]宝塚市営霊園有効利用調査業務(平成27年)
(兵庫県宝塚市)
[2]廿日市市墓地需要算定及び市営墓地長期計画策定業務(平成27年)
(広島県廿日市市)
近年の墓地をとりまく社会状況や墓地需要の変化を踏まえ、既存霊園墓苑における新形墓地の建設及び墓地返還による空き区画の再貸出しを含む市営霊園の有効活用について、総括的に調査を行った。
1) 現状調査・分析作業及び今後の墓地需要予測の作成
2) 市民アンケートの実施及び分析
3) 他霊園における新形墓所の建設状況及び需要量の調査、収集及び整理
4) 本市に適した新形墓所の提案及び収支計画等の策定
5) 返還区画の再貸出しに係る種々の問題点も整理及び方針の提案
6) 無縁墓地の整備に係る問題点等の整理及び方針の提案
平成26年度に墓地需要に関する市民アンケート調査を実施し、調査結果を取りまとめたが、今回は、この市民アンケート調査による市民ニーズの分析を踏まえ、必要墳墓数・規模を検討し、具体的な墓地整備計画の策定を行った。
1) 最新データによる市全体、市内地域別及び年齢人口から見た墓地の需要算定
2) 墓地需要算定及びアンケート調査による市民ニーズの分析を踏まえ墓地の在り方の基本的な方向性を整理し、この方向性に沿った新たな墓地の提案
3) 墓地整備、管理手法等の整理及び例示
4) 他霊園の参考となる事例と管理運営の主体及び手法の提示
[3]富田林市営霊園の運営に関する調査業務(平成27年)
(大阪府富田林市)
[4]卯塚霊園実施設計業務(平成26年)
(愛知県長久手市)
市営霊園の安定的な運営を図るため、需要算定、ニーズ並びに問題点の抽出及び提言により、今後の施策展開の資料を作成することを目的に、次の調査・研究を行い具体的な提案を行った。
1) 市民アンケートの設計・送付・回答集計
2) 上記アンケートの分析と、将来動向に関する考察のとりまとめ
3) 他都市における事例調査・分析と、それを踏まえた提案
4) 経営計画に関する提案
5) 施設改修計画に関する具体的な提案
平成25年度に実施した卯塚霊園に関する基本設計及び墓地をめぐる環境の変化を踏まえ、卯塚霊園の拡張区域及び管理棟について、次の工程に従い実施設計を行った。
1) 墓園の実施設計(第1期整備工事)
2) 管理棟他建物の実施設計
3) 現況測量
4) 地質調査
5) 墓園工事監理
注)当協会は、今後、墓園の設計に係る業務は受託対象外とする。
[5]廿日市市墓地需要調査業務(平成26年)
(広島県廿日市市)
[6]熊本県の新たな形の墓地のあり方等に係る調査研究業務(平成26年)
廿日市市の市営墓地について、長期的な視点からの墓地供給の在り方を検討するため、墓地需要に関する市民アンケートを実施し、この調査結果に基づき、今後の墓地需要の算定と将来計画を検討するため、合葬式墓地に関する基本構想及びその管理・運用の指針など具体的な提案を行った。また、現状を踏まえた課題整理と対応方針、近年の墓地整備、墓地形態及び管理運営形態について調査・分析し、これを取り纏めた。
熊本県で実施している「地域の実情に合った新たなモデルとなる墓地のあり方」に関する研究の基礎資料とするため、次の調査・研究を行い、具体的な提案を行った。
1) 県内市町村の墓地需要算定及び県で実施した県民アンケート結果の分析
2) 本県における新たな墓地のあり方の方向性と新たな形(スタイル)の墓地の提案
3) 新たな形(スタイル)の墓地に関する整備、管理手法等の整理
4) 参考となる事例の整理
[7]相模原市営霊園整備調査報告(平成25年)
[8]卯塚墓園整備基本方針策定(平成25年)
(愛知県長久手市)
相模原市では、平成14年度に策定した「改定峰山霊園整備計画基本構想」(以下「基本構想」という)にて、平成33年度までの20年間を想定し、市民ニーズの把握や墓前需要見込みの推計を行い、使用期限の有期限化の導入や区画面積の見直しの他、壁面墓所や合葬型墓所等の新形式墓所を整備する方針を定めた。
しかし、津久井地域の合併という新たな要因が加わったことにより、これを踏まえた長期的な視点に立った整備の方向性を定めると共に「基本構想」策定に資する調査を実施した。
本業務は、これまでの整備と過年度業務での検討を踏まえ、市民に受け入れられる市の墓地計画とするため、次の3本の業務で構成する。
1) 基本計画改訂:自然環境に恵まれた長久手市の墓地としてふさわしい景観をそなえ、新たな墓所形態の導入検討や納骨堂の建築計画を含む基本計画の立案。
2) ワークショップ:前提となる事業条件をわかりやすく市民に伝え、実現可能な墓地整備計画の立案。
3) 都市計画変更図書作成補助:整備内容の変更に係る図書の作成。
[9]福岡市合葬墓に関する導入可能性調査(平成25年)
[10]横須賀市 (平成23年)
平成22年前後に行われた他市におけるアンケート調査などと平成22年に福岡市が行ったものとの比較を加えつつ、新たに得られた知見をまとめた。わけても、「福岡(県)における必要墳墓数の長期的動向」をとりまとめ、「福岡市墓地・納骨堂アンケート調査による需要推計」との比較を行った。
また、他の地方公共団体、あるいは民営による「合葬墓」の現状について、これをとりまとめた。
横須賀市では、昭和52年から公園墓地の整備を行ってきたが、その後社会状況が大きく変化し、予想以上に少子化および核家族化が進展している現状に鑑み、市民に対し墓地需要に関するアンケート調査を行い、様々な側面から調査分析し、今後の方向性や公園墓地のあり方等を検討するための具体的な提案を行う。

■当協会「墓地問題意見交換会」資料
*
永代供養墓(施設)を巡る諸問題/平成16年 *
墓地が災害に罹災した時/平成16年 *
公益法人制度の抜本的改革について/平成15年 *
管理料滞納への対応と無縁改葬に併う諸問題 ・無縁改葬公告の実態調査/平成13年 *

■当協会「厚生科学研究」等一覧
*
「厚生科学研究」一覧
[1]
[2]
「諸外国における埋葬等に関する法規制の比較研究」藤井正雄/A5版/98頁/平成7年
[3]
「墓地をめぐる環境の変化に対応した新しい霊園形態に関する研究」藤井正雄
[4]
「墓地の経営主体に係わる許可基準の策定に関する研究」三浦英夫
[5]
「墓地使用権の法的性格に関する研究」田山輝
[6]
「墓地経営における経理基準」新井清光
[7]
「墓地需要の算定方式の開発に関する研究」森岡清美
[8]
「墓地の設置及び管理に係わる基準の策定に関する研究」佐藤昌

*

●「欧州墓地視察報告書」
  (社)全日本墓園協会編/A4版/64頁
●「米国墓地視察報告書」
  (社)全日本墓園協会編/A4版/30頁
当協会「厚生科学研究」等一覧
参考図書
●「実例に学ぶQ&A 墓地・火葬場の管理と運営
●「問題解決!実例に学ぶ墓園の計画・運営等の法律実務
●「Q&A墓園・斎場管理・運営の実務
厚生労働省
「地域における墓地埋葬行政をめぐる課題と地域と調和した対応に関する
研究 報告書」平成26年3月

厚生省「墓地経営・管理指針等作成検討会について」平成12年
厚生省「墓地経営・管理の指針等について(生衛発第1764号)」平成12年
●厚生省「これからの墓地等の在り方を考える懇談会」平成10年
実例に学ぶQ&A 墓地・火葬場の管理と運営
Home 事業概要 会員及び墓園 協会ご入会 役員構成 受託業務 講習会 管理士通信教育 リンク
Copyright © 2012 All Japan Cemetery Association All Right Reserved.